2018/06/03 オリヴィエのチェンバロコンサート -知性革新-



※画像をクリックで詳細がご覧いただけます

2018年6月3日(日)「オリヴィエのチェンバロコンサート -知性革新-」を開催します。

 

ヨーロッパ各地の聴衆を愉しませているフランス人チェンバロ奏者、オリヴィエ・ガルドゥ氏を日本に招き、クラヴサン・ソロ・コンサートを開催いたします。

 

このコンサートでは中世バロック時代(16世紀~17世紀)の作曲家による作品が演奏されます。ガルドゥ氏のチェンバロ奏法は、世界の巨匠たちから伝授されたそのものだけではなく、独自の発想・理念・技術、またフランス人として考え得る古典的な演奏様式とで、聴くものを魅了します。

皆さまのご来場をお待ちしております。


オリヴィエ・ガルドゥ(チェンバロ奏者)プロフィール


オリヴィエ・ガルドゥはフランスに生まれる。6歳からチェンバロを学び始める。トップレベルのチェンバロを学ぶため、教師陣に演奏家が揃うハーグ王立音楽院やアムステルダム音楽院においてトン・コープマン、パトリック・アイルトン、ジャック・オッホ、メンノ・ファン・デルフト、ボブ・ファン・アスペレンなどの世界的バロック鍵盤奏者達に師事した。
これまでバルトルド・クイケン、ヴィーラント・クイケン、ダニエル・ブリュッヘンなど音楽界の巨匠の指揮のもと、演奏活動をしてきた。フランスバロック鍵盤音楽への美意識の徹底に努めてきた彼は、現在世界的な若手チェンバロ奏者として注目されているひとりである。

チェンバロとは?


チェンバロ(独:チェンバロCembalo,伊:クラヴィチェンバロClavicembalo,)は、鍵盤を用いて弦をプレクトラム(鳥の羽やプラスチック)で弾いて発音させる楽器で、鍵盤楽器の一種に分類されている。英語ではハープシコード(harpsichord)、フランス語ではクラヴサン(clavecin)という。チェンバロは、ルネサンス音楽やバロック音楽で広く使用されたが、18世紀後半においてピアノの興隆とともに徐々に音楽演奏の場から姿を消した。しかし20世紀に復活し、古楽の歴史考証的な演奏に用いられ、現代音楽やポピュラー音楽でも用いられている。


開催概要 【6月3日:2回公演】


  • 日 時: 2018年6月3日(日)
         ①公演目:14:00開場 14:30開演
         
    ②公演目:18:00開場 18:30開演
  • 会 場: 日本基督教団 弘前西教会
           青森県弘前市袋町1-1 ☎ 0172-36-9651
  • 入場券:  一般 3,000円 当日 4,000円
         
    1公演分の入場料です。全席自由。
            当日券は会場での販売となります)
  • 出演者: Olivier Garde オリヴィエ・ガルドゥ
         (チェンバロ奏者)
  • チケット販売所:[弘前市]弘前市民会館/弘前中三
        平山萬年堂/弘前大学生協/百石町ラグノオ サキ
        [青森市]リンクステーションホール青森
        [八戸市]八戸ポータルミュージアムはっち
        [五所川原市]ELMインフォメーション
        [黒石市]レストラン御幸
  • 協 賛:株式会社ラグノオささき/草薙園
        有限会社佐伯デンキ/石場旅館
  • 後 援:弘前市/西目屋村/東奥日報社
        陸奥新報社

【 会場地図】